妊娠初期 流産 確率

妊娠初期 流産 確率

妊娠初期 流産 確率

 

【実録!】ラーメン屋のアルバイト・スタッフ〜高校生の体験

 

■Aさん(男性)の体験談〜「ペダル漕ぐ 太陽の下 放たれる 豚骨の香り」

 

ラーメン屋でアルバイトをしたのは、高校2年生の夏休みだった。
友人に誘われ、どうせやることもなかったから、小遣い稼ぎにと軽い気持ちで働きだした。

 

僕の地元は田舎だったから飲食店は都会に比べてずっと少ない。
そのラーメン屋も家から2、3キロ離れた幹線道路沿いにある。

 

 

僕は夏休みのほぼ毎日、家からラーメン屋まで自転車で行き来した。
店では背中に店名がプリントされた黒いTシャツを着て、頭に赤いバンダナを巻いた。
お馴染みラーメン店員のステレオタイプだ。

 

注文を聞いたり料理を運んだりするだけで、仕事自体は大して難しくはなかった。
結構楽しんで働けたと思う。
暇な時は、誘ってくれた友人と軽口を叩き合って過ごした。

 

 

 

ラーメン屋で働くと、
あのラーメン特有のなんともいえない油のにおいが服に沁みつく。

 

働いたことのある方はお分かりだろう。
僕はそのにおいが嫌いじゃなかった。

 

 

 

人が見ていない時に肩に鼻を押し付けて何回もにおいを嗅いだ。

 

なんというか恰好つけた言い方になるが、
そこに“働いた証”みたいなものを感じていたのだと思う。
だから勤務時間が終わって帰る時も、僕は絶対に着替えなかった。

 

 

 

油のにおいが沁みこんだ店名入りのシャツのままで、幹線道路を自転車で疾走した。
車で僕を抜き去る人は、僕の姿を見て、新手の宣伝かと思ったかもしれない。
もちろん僕はかまわない。

 

むしろもっともっと見てほしいぐらいだ。
照りつける太陽が僕の肌にじっとりと汗を浮かび上がらせる。
だけどペダルを漕ぐ力は弱めない。

 

染色体異常 ミトコンドリア
マカ 妊娠確率